合志市の「地域コンシェルジュ」モデル

高齢者向け福祉サービスの㈱ぞうさんのはな(合志市須屋、橋本一郎社長)と㈱サンコーライフサポート(同社長)と㈱きらり.コーポレーション(熊本市北区麻生田、塚本薫社長)は2014年7月16日、合志市役所合志庁舎で合志市(荒木義行市長)との包括連携協定の調印を行いました。同協定は合志市で21件目となるもので、地域見守り事業としての弁当配達とアプリによる情報管理を行っています。

民生委員の業務管理にも活用

CMMを活用すれば、地域の社会調査や生活支援を行われる民生委員さんのお仕事を効率的に行うことが可能です。CMMのスマホアプリで面倒な報告業務も簡略化され、効率的に地域の見守りを行えます。

​地域まるごと見守りを導入しませんか?

既に少子高齢化の波は過疎地から押し寄せています。地域として老人の孤独死や医療費がかさむなどの問題も改善していく必要があります。「見守り」を弁当配達という毎日のサービスと連携させることで効率的に、地域住人の安心を獲得可能です。

地域に合せたカスタマイズ導入についてもご相談ください。

​株式会社きらり.コーポレーション

お問合せ 096-288-3553