CMMの鍵「見守り訪問者」とは

見守りサービス事業を行うにあたり重要なのは実際に訪問して見守りを行うスタッフです。
このシステムは「見守り訪問者」の育成から開発スタートしたと言ってもよいシステムで、サービス利用者のニーズを満たす最も重要な役割を果たします。

人材育成・雇用開発のきらり.コーポレーションがシステムを作った理由

サービス利用者とのコミュニケーションを取ることに重きを置いたシステムです。これは人手不足のさけばれる中で逆行しているかもしれません。「私達は誰に見守られたいか?」人生の最後を孤独を感じること無く、これまでの楽しい思い出を話し、たわいのない会話を重ね、人とふれあうこと。

介護ロボットが気を使わなくていいという人もいるかもしれません。私たちは人だから気づく言葉かけや、人だからできる心のふれあい見守りサービス提供者を増やしたいと思いこのシステム開発を行いました。

人材育成・雇用開発のきらり.コーポレーションがこのシステム導入企業の力になれるオプション
  • OJT自社で育成

  • off-JT 研修プログラム

  • 企業内スーパーコンシェルジュ育成プログラム

  • 自社内でコンシェルジュ育成プログラムのサポート支援